-----3年目を迎えて-----

 数学塾のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

 お陰様で今月で無事2年が経ち、5月から3年目となることができました。誠にありがとうございます。現在数学塾へ様々な方がきております。その一部を簡単に紹介させて頂きます。

 ●小学生(4年生〜6年生) : 大手進学塾(SAPIX、日能研、四谷大塚など)の補習用として活用中。数学、理科であれば他の進学塾のテキストがあれば充分。1問にじっくりと時間をかけて理解度を深めています。

 ●中学生 : 公立〜私立、数学得意〜赤点ギリギリなど。中学の時期は多感性な時期で、勉強においてもわかればどんどん!わからなければ全く!という「0」か「1」かという感じです。キーポイントとなる言葉、公式をまずは確認です。

 ●高校生 : 私立、公立中学から引き続き高校の勉強へ、高校3年生で大学受験へ、2年生は無事に3年への進級&来年の受験に備えて・・・・という、それぞれの目的を持ってきています。自我が芽生え始め、大人へ向けての考え方を勉強を通じて身につけて欲しい時代です。

 ●大学生 : 主に文系生徒が多いです。意外にも数学の考え方を用いる試験というのは世の中に多いようです。具体的な問題というよりも各種試験に向けて、「考え方(論理力)」を日々鍛えています。

 ●社会人 : 数学、金融工学/経済数学、電気主任技術者三種、法科大学院など数学をベースとした幅広い分野を学習しています。常に私自身も予習し、目標とする試験または教科書を達成できるよう精進しております。働きながらの勉強ということで、頭が下がる思いです。

 

 ☆共通して・・・・・・いずれも共通して言えることは、「気持ち」「気付き」などの精神面・理解面がまず内面的にあり、問題を解くには「条件を整理する」「図を書く」「求めるものを確認する」「具体的にやってみる」、ということを繰り返すだけです。数学塾では、そのサポートを日々行っていきたいと思います。3年目もよろしくお願いいたします。

 

「数学塾」 塾長 松川文弥