1. 数学塾 トップページ > 
  2. 大学編入学試験対策

大学編入学試験対策 : 生徒一人一人の能力/気力に合わせて行います。

編入学試験対策

概要

高専や短大、専門学校を卒業して、大学で学びたい方へ数学塾では、機械系を目指している方をサポートします。これまでの総復習、学校に合わせた試験対策(要過去問)を機械工学科出身の講師が要点、勉強の仕方、現象の捕らえ方を教えます。一人で勉強してて不安な方お待ちします。
◆対象

理系大学の3年次編入学試験を受けようとしている方(現在対応できるものは機械系に限ります)

◆月謝

1か月 14,000円(通学、スカイプともに)

◆科目

数学(線形代数、微分方程式など)、機械力学(工業力学)、熱力学、流体力学、材料力学

 

合格体験記

合格体験記

 時間にとらわれずいつでも聴ける、見れるオンデマンド授業です。忙しい社会人の方、日常生活の合間にちょっと勉強したい方。リストにない分については、ご希望に合った授業を録画し配信します。何度も見ることができるので、繰り返し学習には最適。
 

東京都在住 江川くん(21歳)   都立高専→社会人→日本大学理工学部機械工学科 合格(3年次編入)

 

 僕は平成十七年の四月に高専を卒業し、成績が悪かったこともあり進学ではなく就職を選びましたが、高専卒という学歴から希望していた職種にはつくことが出来ず、このままでは満足することが出来ないため、就職早々に大学編入を考えるようになりました。
 そして、一年で僕はこの会社を辞めて大学編入への道に進むことになりました。
 まずは、七月にある某国立大学の社会人編入学試験を目指ました。しかし、試験科目が昔から苦手な英語だったのと今まで社会人だったのですぐに勉強モードに入れなかったこともあり、不合格に終わってしまいました。
 しかし、落ち込んでいる暇もなく、次は一ヵ月後の日本大学編入学試験でした。ここで、たまたまインターネットで数学塾を見つけ、松川先生に相談したところ編入学にも対応いただけるということを知り、通塾を決めました。大手予備校などいろいろなところに相談しましたが工学系の編入学に対応してくれる場所はこの数学塾だけでした。試験は一ヵ月後で4教科(工業力学、流体力学、熱力学、材料力学)ありましたが、松川先生には過去の試験問題を考慮し試験までのスケジュールを立てもらったり、わからないところがあると電話やFAXなどでも対応してもらい、優しくわかりやすく教えていただきました。そして、試験直前になる頃には過去の試験問題を余裕持って解けるくらいになりました。高専現役時代でも全く理解することの出来ない問題でした。
 結果、見事合格することが出来ました。  これからは昔からの夢であるエンジン関係の仕事に携われるようがんばって行きたいと思います。

 

↑大学編入学試験対策のトップに戻る